toggle
2020-05-09

「ウムデアウ」の制作で嬉しかったこと

「ウムデアウ」の制作で嬉しかった、作家さんからいただいたお言葉たち。

すごく嬉しかったし、これからの制作の励みになりました。

「同じ写真なのに自身のインスタで見るのとは全く違う印象で、とても素敵でした!
プロの凄さを感じています!」

「イベントや委託先が休業になる中、素敵な企画、ご縁がとても励みになりました。」

「ものを作るのは好きでも、なかなか売ったり広めたりするのが得意でない人が多いから、
こういうブランディングをしてもらえる場はとても貴重だと思います」

「この数日すごく心強く感じていたしまた少しずつ、続けてゆく理由のひとつになりました」

「1人で作っていると時々自身がなくなります…なのでとても励みになりました」


制作中にふと悩んだときに、いただいた嬉しいお言葉も。。

「こんな時だからこそ、何が出来るのかなって考えてる作家さんも多いと思います。好きな人を応援したい人も。だから、進められるなら少しずつでも進めていくのがよい気がしました。星子さんだから出来ることなんだと思うから。」


実現できたらいいなと思っていたことの一つ。
作家さん同士のゆるいつながり。

仲間!仲間!と騒ぐわけじゃないけど、
どこかで、あの人も頑張ってると、心の中で励みになったり
その人を応援したりする気持ち。
ここから、何かが生まれるかもという嬉しい予感。

 

 

 

 


オープンしたサイトのことも、
素敵な言葉でご紹介していただきました。

わたし以上に、わたしのイメージを言葉にしてくださりました。

「たった一つの特別な出会いをもたらしてくれる素敵なセレクトショップのような場所です」

「ものづくりへのあたたかい目線。
作り手買い手を繋ぐ
こんな関わり方があるのだなぁと、
星子さんに出会って
新鮮に感じています。」

 

わたしが、実現できればいいなぁと思っていたことが、
少しかもしれないけど、実現できているのかなとすごく励みになりました。

ここでいただいた力を、これからに生かしていきたいと改めて思います。

▶「ウムデアウ」サイトはこちら

関連記事